青魚に含まれるDHAやEPA

DHAやEPAには様々な健康効果があり注目を集めています。
DHAはドコサヘキサエン酸の略で、EPAはエイコサペンタエン酸の略です。

不飽和脂肪酸の一種で、カツオやサバやマグロやイワシやサンマなどの青魚に多く含まれています。
具体的な健康効果についてですが、高血圧や高脂血症などによる動脈硬化の予防や改善、アレルギーを抑える、血液サラサラ効果があります。

それに加えてDHAには、記憶力や集中力のアップ、認知症の予防など脳の機能を高める効果もあります。
病院の血液検査などで、血中の中性脂肪やコレステロールの数値が高いと、診断されたことがある人は多いのではないでしょうか。

そんな人は動脈硬化が起こるリスクが高まりますので注意が必要です。
動脈硬化が進むと、脳梗塞や脳出血や狭心症や心筋梗塞などの病気の原因になります。

これらの病気は前兆や予兆がなく突然発症するという特徴がありますので、DHAやEPAを積極的に摂取して予防や改善に努めることが大切です。
そして、ビタミンやミネラルやタンパク質などの栄養素を、バランスよく食事に取り入れるということも心がけましょう。

青魚が苦手だったり調理が困難で食事に取り入れることが難しい場合は、サプリメントやドリンク剤で摂取するのも効果的です。
様々なメーカーから市販されていますのでチェックしてみましょう。

適度な運動や良質な睡眠などの規則正しい生活を意識することも重要ですので、意識を高く持って健康な体づくりに努めましょう。

コメントを残す