健康食品のCMや通販を多く目にする

青魚の知恵

青魚に含まれる成分DHAは、血液サラサラにする効果のある不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は一般的にはあまり知られていないと思いますが、不飽和脂肪酸は固まりにくい脂肪のことです。
逆に固まりやすい脂肪のことを、飽和脂肪酸と言いますが、これもあまり知られていないと思います。

そんな飽和脂肪酸は、肉類などに多く含まれているのですが、固まる性質があるため、体内に蓄積されやすいです。
肉食の方は飽和脂肪酸を多く摂られているので築きませんが、飽和脂肪酸は血液の中に入れば、血液をドロドロにしてしまいます。
時には、血液ごと固まってしまって血管を詰まらせることもあります。

ところが不飽和脂肪酸は、固まりにくいため摂取しても体内には蓄積されず、しっかりと排出されます。
しかも不飽和脂肪酸には、飽和脂肪酸も一緒に排出されるようにする作用もあります。
そのため不飽和脂肪酸を摂取すればするほど、体内に蓄積した飽和脂肪酸は減っていきますし、血液もサラサラになります。

そしてその不飽和脂肪酸の一種が、DHAなのです。
血液サラサラの状態で健康体を維持するために、DHAを日頃から摂取しておくことをおすすめします。
ただ、DHAを日頃から摂るのは非常に難しいと思います。

年配の方は魚を多く食べることが習慣化されていますが、現代を生きる若い方は魚を食べる量がかなり減少していて、その分肉食かしているようです。
野菜の量も減り続けているようです。
そんな事から、各メーカからサプリメントが販売されるようになり、今ではDHA・EPAや青汁と言った健康食品のCMや通販を多く目にすることも多いようです。