dhaの効果・効能とは

DHA EPA

dha(ドコサヘキサエン酸)は、多価不飽和脂肪酸の一つで、青魚に多く含まれる必須栄養素です。
dhaの効果・効能は、主に記憶力の向上、視力低下の抑制、動脈硬化の予防、高脂血症の改善、高血圧の抑制、運動能力の向上です。その他にも、アトピーの改善、老人性痴呆症の改善・予防などの効果・効能があります。

心筋梗塞や動脈硬化などの血管系の疾患が少ないイヌイットの人々が、魚を多く食べていたことから、魚に多く含まれるdhaが、血液をサラサラにしているということが分かりました。
dhaは固まりにくい成分です。
ですので、人間の細胞膜に取り込まれると、細胞壁の流動性が高まります。

その結果、血管細胞がしなやかになり、血液がサラサラになる、ということです。
dhaは必須栄養素ですが、体内で合成できない栄要素なので、食事やサプリメントなどから摂取しないといけません。
dhaは、イワシ、サバ、マグロ、サンマなどの青魚に多く含まれています。

脂に含まれる栄養素であるため、それぞれの旬の時期である、脂がのった魚を食べると効率的に摂取することができます。
一日の摂取量の目安は、1〜2グラムとされていますが、多くの日本人が足りていないといわれています。食事で摂取することが理想ですが、足りない量はサプリメントを利用しましょう。

http://dha.jpn.com/