健康食品のCMや通販を多く目にする

青魚の知恵

青魚に含まれる成分DHAは、血液サラサラにする効果のある不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は一般的にはあまり知られていないと思いますが、不飽和脂肪酸は固まりにくい脂肪のことです。
逆に固まりやすい脂肪のことを、飽和脂肪酸と言いますが、これもあまり知られていないと思います。

そんな飽和脂肪酸は、肉類などに多く含まれているのですが、固まる性質があるため、体内に蓄積されやすいです。
肉食の方は飽和脂肪酸を多く摂られているので築きませんが、飽和脂肪酸は血液の中に入れば、血液をドロドロにしてしまいます。
時には、血液ごと固まってしまって血管を詰まらせることもあります。

ところが不飽和脂肪酸は、固まりにくいため摂取しても体内には蓄積されず、しっかりと排出されます。
しかも不飽和脂肪酸には、飽和脂肪酸も一緒に排出されるようにする作用もあります。
そのため不飽和脂肪酸を摂取すればするほど、体内に蓄積した飽和脂肪酸は減っていきますし、血液もサラサラになります。

そしてその不飽和脂肪酸の一種が、DHAなのです。
血液サラサラの状態で健康体を維持するために、DHAを日頃から摂取しておくことをおすすめします。
ただ、DHAを日頃から摂るのは非常に難しいと思います。

年配の方は魚を多く食べることが習慣化されていますが、現代を生きる若い方は魚を食べる量がかなり減少していて、その分肉食かしているようです。
野菜の量も減り続けているようです。
そんな事から、各メーカからサプリメントが販売されるようになり、今ではDHA・EPAや青汁と言った健康食品のCMや通販を多く目にすることも多いようです。

肉食生活からDHAが豊富なサプリメントを飲み始めました。

きなり

焼き肉店に行くと脂肪分の多いカルビーをたらふく食べてしまいますが、脂肪分の多い食べ物を頻繁に食べていると、皮下脂肪が多くつくようになるだけでなく、血液中の脂肪濃度も高くなります。
すると血液は、ドロドロの状態になります。

ドロドロになった血液は、血管内をスムーズに流れてはくれません。
真水と泥水と、どちらがスムーズに流れるかというと、真水です。
血液もそれと同じで、脂肪濃度が高いと流れにくくなるのです。

そんなことは若いことには考えてもみなかったのですが、年をとるにつれて脂っこい物がすきになり焼き肉や唐揚げを頻繁的に食べることがあります。
特に年末にはガッツリ食べてしまい翌朝反省することも多くなりました。

そんな食生活を送っていると脂肪濃度が高くなると、血栓という血の塊ができやすくなります。
それによって血流が阻害されると、脳梗塞や心筋梗塞になる可能性があります。

それを防ぐために摂取が推奨されているのが、DHAです。
DHAには血中の脂肪濃度を下げる効果があります。
摂取することで血液サラサラの状態になれば、血栓はできにくくなりますし、もちろん脳梗塞や心筋梗塞のリスクも下がります。
健康な状態で長生きできる可能性が高くなるため、積極的な摂取をおすすめします。

ただ、DHAが含まれている青魚を摂るとなるとかなり難しいような気がします。
毎日魚を食べ続けるなんて考えられません。
肉食だった私が魚を毎日食べるのは…
そんな時に通販で知ったのがサプリメントです。

DHAとEPAの栄養素が豊富に含まれているサプリメントが発売されています。
いろいろ種類があるので、ネットの口コミで高評価のサプリを購入しようと思っています。
とりあえず「きなり」という商品を公式サイトでゲットしました。