健康食品のCMや通販を多く目にする

青魚の知恵

青魚に含まれる成分DHAは、血液サラサラにする効果のある不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は一般的にはあまり知られていないと思いますが、不飽和脂肪酸は固まりにくい脂肪のことです。
逆に固まりやすい脂肪のことを、飽和脂肪酸と言いますが、これもあまり知られていないと思います。

そんな飽和脂肪酸は、肉類などに多く含まれているのですが、固まる性質があるため、体内に蓄積されやすいです。
肉食の方は飽和脂肪酸を多く摂られているので築きませんが、飽和脂肪酸は血液の中に入れば、血液をドロドロにしてしまいます。
時には、血液ごと固まってしまって血管を詰まらせることもあります。

ところが不飽和脂肪酸は、固まりにくいため摂取しても体内には蓄積されず、しっかりと排出されます。
しかも不飽和脂肪酸には、飽和脂肪酸も一緒に排出されるようにする作用もあります。
そのため不飽和脂肪酸を摂取すればするほど、体内に蓄積した飽和脂肪酸は減っていきますし、血液もサラサラになります。

そしてその不飽和脂肪酸の一種が、DHAなのです。
血液サラサラの状態で健康体を維持するために、DHAを日頃から摂取しておくことをおすすめします。
ただ、DHAを日頃から摂るのは非常に難しいと思います。

年配の方は魚を多く食べることが習慣化されていますが、現代を生きる若い方は魚を食べる量がかなり減少していて、その分肉食かしているようです。
野菜の量も減り続けているようです。
そんな事から、各メーカからサプリメントが販売されるようになり、今ではDHA・EPAや青汁と言った健康食品のCMや通販を多く目にすることも多いようです。

青魚に含まれるDHAやEPA

DHAやEPAには様々な健康効果があり注目を集めています。
DHAはドコサヘキサエン酸の略で、EPAはエイコサペンタエン酸の略です。

不飽和脂肪酸の一種で、カツオやサバやマグロやイワシやサンマなどの青魚に多く含まれています。
具体的な健康効果についてですが、高血圧や高脂血症などによる動脈硬化の予防や改善、アレルギーを抑える、血液サラサラ効果があります。

それに加えてDHAには、記憶力や集中力のアップ、認知症の予防など脳の機能を高める効果もあります。
病院の血液検査などで、血中の中性脂肪やコレステロールの数値が高いと、診断されたことがある人は多いのではないでしょうか。

そんな人は動脈硬化が起こるリスクが高まりますので注意が必要です。
動脈硬化が進むと、脳梗塞や脳出血や狭心症や心筋梗塞などの病気の原因になります。

これらの病気は前兆や予兆がなく突然発症するという特徴がありますので、DHAやEPAを積極的に摂取して予防や改善に努めることが大切です。
そして、ビタミンやミネラルやタンパク質などの栄養素を、バランスよく食事に取り入れるということも心がけましょう。

青魚が苦手だったり調理が困難で食事に取り入れることが難しい場合は、サプリメントやドリンク剤で摂取するのも効果的です。
様々なメーカーから市販されていますのでチェックしてみましょう。

適度な運動や良質な睡眠などの規則正しい生活を意識することも重要ですので、意識を高く持って健康な体づくりに努めましょう。